不妊治療と副作用

不妊治療の副作用で苦しむ女性

不妊治療ではホルモン剤を使用することになるのですが、それによって妊娠しやすい体作りをサポートしてくれます。ちなみに、ホルモン分泌の異常が不妊の原因となっていることがあるため、ホルモン剤による不妊治療は男女問わず行われます。

ホルモン剤の副作用

不妊治療の副作用が出る女性
ホルモン剤は即効性の高さが特徴なのですが、強力な副作用があることも知っておきましょう。不妊症の原因の一つとして卵子の排出が正常に行われていないということがあります。正常に排卵されなければ妊娠しにくい状態になってしまうため、排卵誘発効果を期待できるホルモン剤を使うことになります。
また、女性ホルモンの中にあるエストロゲンの働きをコントロールすることにより、不妊を改善できる可能性が高くなるでしょう。ちなみに、高い効果を期待できる排卵誘発剤を使うことにより、子宮内膜が薄くなるという現象が起きてしまうことがあります。また、逆に卵胞が育ちすぎてしまうことがあるため注意しましょう。

頭痛や吐き気

複数の卵子を育てる排卵誘発ホルモン剤を使うことにより、無月経や無排卵月経の改善効果が期待できます。ちなみに、排卵誘発を促すことにより、双子が生まれる確率も高くなると言われます。
このホルモン剤には頭痛や吐き気、食欲不振などの副作用がありますし、長期的に服用することによって卵巣が腫れてしまう可能性もあります。黄体ホルモン製剤には、不妊症だけでなく生理周期の異常や子宮内膜症などの改善にも効果が期待できます。また、妊娠中でも安全に使用できる薬とされています。

むくみや眠気

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあり、これらは正常な生理周期を繰り返すために必要です。特にプロゲステロンは生理周期の後半で子宮内膜を増殖させ、受精卵が着床しやすいようにサポートしてくれます。
また、妊娠中にも使用できる薬となっており、切迫流産や切迫早産の改善効果もあります。黄体ホルモン製剤を使うことにより、頭痛や吐き気、眠気、むくみ、発疹などの症状が出てしまうことがありますし、長期的に服用すると静脈の中に血栓ができる場合もあるとされています。

肝機能障害

また、肝機能の低下によって機能障害が起こってしまうこともあるので注意しましょう。ホルモン分泌の抑制効果があるホルモン剤を使うことにより、子宮内膜組織の増殖を抑える効果が期待できます。子宮内膜症による不妊症や月経困難症などの治療に使われており、閉経すると内膜症が自然治癒するということから生まれた治療方法なのですが、体を閉経に近いホルモン状態にすることができます。

男性化症状

ちなみに、このホルモン剤を使うことにより、ニキビや肩こり、むくみなどの副作用が起きてしまうことがあります。また毛深くなる、声が低くなるなどといった男性化症状が出てしまうこともあるため、長期的に使用する場合には注意が必要です。不妊治療に用いられるホルモン剤は妊娠させるために使用するものなのですが、妊娠を望んでいても副作用が辛い場合は他の治療方法を検討した方が良いかもしれません。

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る